がん遺伝子パネル検査
CANCER GENOMIC PROFILING
目覚ましい進歩により、
がん治療は大きく変わろうとしています。
その一つが、「がん遺伝子パネル検査」などの網羅的ながん遺伝子情報の解析に基づく「ゲノム医療」です。
がん遺伝子と分子標的薬
Aさんの
場合

Bさんの
場合

様々な
変異
がんの遺伝子変異は様々です。がんの種類によっても、患者さん一人ひとりでも異なります。
一つのがんでも、多数の遺伝子変異が見つかる場合もあります。
がん化や、がんの増殖の原因となっている遺伝子変異がわかれば、その変異に見合った治療を選ぶことができる可能性があります。
※ご留意ください 全ての遺伝子変異が、がんに関係しているわけではありません。
※ご留意ください がんの遺伝子変異全てに対して治療薬があるわけではありません。
がん遺伝子パネル検査では、
一度に沢山の遺伝子変異を
調べることができます。
遺伝子の変化に応じた
治療に役立つ
薬の情報を探します。
近年、がん細胞で変化しているタンパク質を狙った薬が開発されてきています。 正常細胞ではこうした変化がおこっておらず、薬の標的になりにくいのです。
※ご留意ください 分子標的薬に副作用がないわけではありません。
実施中の検査
 
保険適用となっているがん遺伝子パネル検査
①OncoGuide™ NCCオンコパネル システム
(シスメックス株式会社、株式会社理研ジェネシスとの連携のもとで、当院の「次世代シークエンサー検査室」での検査体制を整備しております。詳しくは「次世代シークエンサー検査室」のページをご覧下さい。)腫瘍検体と血液検体の両方を使用します。
②Foundationone CDx がんゲノムプロファイル
腫瘍検体を用いて検査を行います。
③FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル
血液を検体として検査を行います。
(血液中の循環腫瘍DNA(ctDNA: circulating tumor DNA)を調べる検査であり、がん細胞で生じている遺伝子変異等を調べる目的は、腫瘍検体を用いる場合と同様です。)
※固形腫瘍の患者さんで、原則として1人につき1回のみ可能であり、標準治療がない患者さん、もしくは、標準治療が終了となった患者さん(終了が見込まれる場合を含む)が検査対象となります。   
自由診療で行っているがん遺伝子パネル検査(Todai OncoPanel)
詳しくはTodai OncoPanelのページをご覧下さい。
研究で行っている検査
全エクソンシークエンス解析など
詳しくは次世代シークエンサー検査室のページをご覧下さい。
がん遺伝子パネル検査の流れ
がんゲノム医療連携病院(12)と連携し、専門家による会議「エキスパートパネル」を毎週実施しています。